こうならなければわからなかった、人の気持ち


突然ですが、今日絵画教室を辞めました。今のバイト先が結構怪しくなってきた+正社員プレッシャーを感じていることについて、絵の先生にも相談しました。以下ハイライト↓


僕「就職したらもう絵は描けないかなと……。」
先生「生業(仕事)は何よりも大事です。それが確立していないうちは絵なんか描いている場合ではありません。」
僕「そうですよね。正社員になったら描くのはもう無理かもしれませんが……。」
先生「じゃあ……。頑張ってくださいね
僕「はい」


あっさりでしたが、それが最後でした。先生はもう僕に絵を教えません。その目を見れば先生がどれだけ本気で言ったかがわかります。だから辞めました。


帰り道に絵画教室のメンバーの一人に呼び止められました。今すぐ決断しなくても、正社員プレッシャーに耐えながら細々とバイトをして描く方法など、いろんな可能性があると言われました。


もう絵の道具も全て処分しようかと思った帰りでしたが、何時間も絵の話題、絵の世界に引き止められる話題だったので、意固地になってはねのけてまで絵を辞めることにこだわらなくていい気もしました。これもギリギリ繋がった何かの縁でしょう。ブログでのコメントもその時頭をよぎりました。確か絵画の道を勧めてくれる方がいた……。


その後友達に絵画教室は辞めたことを報告しました。こんな不甲斐ない僕をデザイナーの友達にネタにしてほしかったのです。


ところが、友達は僕の虚無感どころの騒ぎではありませんでした。このままでは倒れてしまうのではないか。心配になって僕の今日のことなんか忘れてしまいました。


同時に友達がどうしんどいのかその時になって初めて、気持ちはわからないにしても、体感として想像がつけられてしまう気がしたのです。


僕は周りの正社員プレッシャーに押されて、絵の師匠・人生の師匠に絵なんか辞めて就職しろと言われて、きっと身を粉にして働いて、絵を一生描けないことを呪って、そして死ぬ。


想像しただけでも未練しか残らないこの感じ。友達は現段階でそれ以上のことを味わっているかもしれない。会社で様々なストレス・不満がありながら、忙殺されて自分の作品を作る時間もなかったとしたら。それだけでもどんなに無念なことだろう。


こうなって初めて、友達の悩みに想像をつけたいと思うようになりました。


友達だけではありません。一晩のうちに、同じく統合失調症になった人とも話しました。今晩検察が来るという人とも話しました。


ああ、この世はなんとクソッタレなんだと思いました。自分だけじゃない。みんな異常なほどの苦しみ方をしている。あるいは過去にしたことがある。


精神障害のただひたすら真実と確信して追いかける妄想。誰にも理解されず、自分自身も自分を責めてしまう、逃げ場のない苦痛。


僕が兄に復讐すると決めたXデー。シャバに居られるのはあと2時間くらい。刑務所で食べられないと聞いた甘いものを食べた時に突然口がひん曲がり、涙がボロボロ出た経験(未遂に終わりましたが)。


でもそんな経験なんて比じゃないくらい辛い目をしている人たち。


決して気持ちはわかりません。ですが、自分のなるべく近しい経験を踏まえて想像だけはつけたい。素直に話しました。リアクションが返ってきました。


今までの僕の人生は高い通行料でしたが、無駄ではなかった気がします。


そして気づきました。今まで描いた絵は甘かった。色んな人が感じている、「リアル」を体感せずにそんな絵を描いたのか。


僕は絵を辞めるのか、叩き潰されながらも描くのか。どんな絵を?どういうテーマで?


そこに僕の覚悟が問われている気がするのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ゲオビさんお疲れ様です

年齢や境遇などが近かったのでよくロムらせてもらってます

僕も最近ニートからフリーターに転身しました

オタ絵ですが絵も描いています

ゲオビさんはいわゆる本格的な絵画などにしか興味がないんですか?

もっと気楽なイラストなんか描いたりしないんでしょうか??

まあ、なんにせよ絵をやめるのはもったいないですよ!

No title

ゲオビさん文章表現下手ですねえ。
ゲオビさんが気持ちを表現出来るのは絵しか無いですよ。

Re: No title

>ハイスイさん
返信が遅れてしまい申し訳ありません・・ 色々迷っておりましたが、そんな中でも励ましのコメントを頂けた影響はやはり強かったです。絵は可能な限り続けることにしましたm(_ _)m

実は作業の前、作業と作業の間などにペンで落描きはしていました。何かのイラストの場合もあれば、漫画のキャラクターの時もありました(渋いおっちゃん優先でしたが)。

なので、ガチガチの絵画っぽいもの以外興味がないというと、そういうわけではないですよ。どういう系の絵に絞ろうかなと考えていた頃もありましたが、今では自分の持った興味の幅を限定しない方がいいのかなと思っております。

これからのアルバイト・仕事次第で頻度は変わってきますが、描ける時に描く、描けない時は一旦保留にします。

では、ありがとうございましたm(_ _)m

Re: No title

>山田さん
衝動で書きつらねてしまったので許してください(笑)

冗談抜きの話をすると、その2行の言葉でかなり楽になりました。何か一つ肩の荷が下りた感じです。それでも現状どうするかでかなり迷いなかなか返事もできませんでしたが、落ち着いて方向性を決められました。絵は描ける時に描く、描けない時は気持ちだけ持ち続けます。

いつも助けられてばかりですみません。今回もありがとうございます。