筆を握る回数が少ない

絵がうまくなる人、上達する人は実質的に描いている回数を重ねられていると思います。あんまりやっていないけどなぜかうまい人ってあまりいない印象です。



僕はなんだかんだで筆を握った回数が少ないです。記憶上ではやったつもりでも、完成作品の少なさを見るとどう考えても描けていません。



本当に描けないときはあまり自分を責めるべきではありませんが、振り返ってみると結構もったいない時間の使い方をしてしまったなあと思っています。



気分がうまくのらない時でも、時間があればとりあえず絵の下地を作ったり鉛筆やペンで軽く何か描くくらいのことはできます。とにかく手を止めないのが目標です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント